Twitter:ツイートをリアルタイムで受け取るツイートをプッシュ通知で受け取るのがオススメです!
フォローしているアカウントのツイート通知をオンにすると、ツイートまたはライブ動画の通知を受け取ります。設定に応じてプッシュ通知またはショートメール通知を受け取ることができます。


Amazon:1-Click 注文を有効にするアカウントサービス→その他の支払い方法「1-Click 設定」
※現在は「カード支払い」でしか購入できない商品がありますので、支払い方法は「クレジットカード」が無難です。
※Amazon仕様変更により1-Clickで注文できなくなり、そのボタンは「今すぐ買う」に変更となりました。これによりクリック数は増えましたが、1-Click設定は有効にしておきましょう。
※「今すぐ買う」のボタンがない商品もあります。

Amazon注文販売再開ツイートから商品ページへ進み
Amazon本体 『この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。』のカートを確認し「今すぐ買う(旧1-Click注文)」もしくは、出品一覧のカートより注文します。

販売再開ツイートからすぐに商品ページへ行っても、Amazon本体のカートが表示されていないことが多々あります。これは、販売開始(再開)した商品がページに安定して表示されるまでのタイムラグが原因です。
Amazon本体のカートが表示されていなかったら、何度かブラウザのリロードをします。
また、一覧の「絞り込み」にて新品にチェックなども試します。
※直接リンクにおいてもリロードが有効です。価格を確認し、「次に進む」よりカートに入れます。
何度やっても出ない時はすでに売り切れていますので、次回の販売再開ツイートを待ちましょう。

売り切れ後も何度かブラウザのリロードなどで、Amazon本体のカートが表示される場合があります。(数分後に出てくることもあります
ポイント⇒このAmazon本体のカートが表示された状態を保ち、次の
販売再開ツイートを待ちましょう。
販売再開ツイートが来たら、先ほど出しておいたAmazon本体のカートを使うことで、購入できる確立が上がります。

「あとで買う」からの注文
カートイン後、注文を確定する前に弾かれた→カート「あとで買う」に入っている→次回通知のタイミング
カートページを更新し「カートに戻す」ボタンが表示されたら戻してレジに進む。

広告ブロックQ)ライブドアブログ(スマホ)の広告が邪魔で、スムーズにクリックできない。

A)広告をブロックするアプリを使用する。
※設定により、リンク先の商品ページが表示されない場合あり。

例) Safari広告ブロックアプリ「AdFilter」 を使うと、デフォルト(初期状態)で、ライブドアブログの広告をある程度ブロックできます。
➡ブロックできない広告がある方は「高度なブロック」にて調整してください。
※ただし、ブログ掲載リンクの valuecommerce.com(ヤフーショッピング他、多くの広告で利用)や下記広告もブロックされる場合があるため、各販売店の商品を狙っている方は個別に設定を解除する必要があります。

「広告ブロック」の設定解除(スイッチオフ)
・valuecommerce.com
・amazon-adsystem.com
・rcm-jp.amazon.co.jp
・a8.net
・moba8.net
・affiliate.rakuten.jp
・afl.rakuten.co.jp
・moshimo.com
・linksynergy.com
・aqua.dmm.co.jp
・pics.dmm.com/af
・accesstrade.net
・trafficgate.net
確認でき
次第追記します。


shinobu_2bnr_750x625